新着情報
コールセンター(コンタクトセンター)のCRMシステムTOP 新着情報 トランスコスモス(タイ)がテクマトリックスのFastHelp5と日本アバイアの中小規模コンタクトセンター向けソリューションACCSを採用

トランスコスモス(タイ)がテクマトリックスのFastHelp5と日本アバイアの中小規模コンタクトセンター向けソリューションACCSを採用

テクマトリックス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:由利 孝、以下:テクマトリックス)と日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:和智 英樹、以下:日本アバイア)は、テクマトリックスの顧客情報や顧客対応履歴を一元管理するCRMシステム「FastHelp5」と、日本アバイアのマルチチャネル対応を実現する、中小規模向けコンタクトセンターソリューション「Avaya Contact Center Select (ACCS)」が連携した、ワンストップのソリューションが、トランスコスモス(タイランド)株式会社(Bangkok Thailand、Managing Director:武智 清訓、以下:トランスコスモス(タイ))に採用されたと発表しました。

トランスコスモス(タイ)は、コンタクトセンターアウトソーシングサービスにおいて日本最大手であるトランスコスモス株式会社のタイ国現地法人です。タイ国内のローカル企業や日系企業、及び、多国籍企業向けにコンタクトセンターのアウトソーシングサービスを提供しています。今回、トランスコスモス(タイ)が運営するバンコクのオペレーションセンターで、「FastHelp5」と「ACCS」のワンストップソリューションが導入され、2016年7月より本格稼働を開始しました。

「トランスコスモス(タイ)は、急拡大するタイのコンタクトセンター市場において、高品質なカスタマーサービスの提供を期待されており、それを実現する為に高い拡張性と優れたコストパフォーマンスを持つシステムを必要としていました。この条件を満たすソリューションとして、FastHelp5とACCSを採用しました。FastHelp5とACCSは、それぞれを独立して利用しても十分な利用価値がありますが、連携して利用する事でOne To Oneマーケティング対応、顧客への俊敏なレスポンス等、相乗効果が生まれ、大幅な業務効率が実現出来ました。」 とトランスコスモス(タイ) Senior Vice President柳川大介氏は語っています。

テクマトリックスと日本アバイアは、2012年2月1日に日本国内を対象とする再販契約を締結し、以来、両社で共同のマーケティングを展開してきました。テクマトリックスの最新のCRMシステム「FastHelp5」と日本アバイアの「ACCS」の連携で、包括的なComputer Telephony Integration(CTI)システムの提供を実現し、企業規模に関わらず、最高峰のカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになりました。

テクマトリックスの「FastHelp5」は、同社が約20年に渡って積み重ねてきた経験・ノウハウ・技術の全てをつぎ込んだ新世代のコンタクトセンター向けCRMアプリケーションです。ユーザーインターフェースは直観的で使いやすく、操作性に優れています。顧客情報・問い合わせ情報の管理だけでなく、ユーザーの業務効率を向上する回答支援機能や多角的なアラート機能など、多彩で実践的な標準機能を搭載し、小規模から大規模まで幅広い規模のコンタクトセンターに対応できる高い拡張性と可用性を持ちあわせています。

アバイアの「ACCS」は、人員が10名程度の小規模なコールセンターから最大250名の規模まで対応できる柔軟性と高い拡張性を保持したコールセンターソリューションです。電話だけでなく、メールやチャット、SMSといった複数のチャネルに対応しているため、企業は、顧客との接点をマルチチャネル化することができ、顧客のニーズに合ったコミュニケーション基盤を構築、機会損失を防ぐことができるようになります。


※プレスリリース本文はこちら

トランスコスモス(タイ)がテクマトリックスFastHelp5と日本アバイアACCSを採用


【こちらのニュースに関するお問い合わせ先】
  テクマトリックス株式会社
  CRMソリューション事業部 CRMソリューション営業部
  担当:木原 満博、関 佳美