導入・活用例

くすり相談室業務を効率化

FastHelp Pe※は、国内トップ企業の運用ノウハウを集約したコンタクトセンターCRMシステム「FastHelp5」に、くすり相談室特有の業務を効率的に行うための機能を追加した、くすり相談室専用のCRMシステムです。

※Pe = 「Pharmaceutical Edition」の略

導入イメージ

FastHelp Peは、MRとの連携や問い合わせ履歴・施設情報等の一元管理でくすり相談室の大幅な業務効率化を実現します。担当MRへの情報連携、2次担当者へのエスカレーション、ワークフロー機能による関連部署間の連携を可能とし、社内のスムーズな業務連携を実現します。

また、学術文献検索システム「FastAnswer Pe」との連携により、相談室のノウハウやナレッジをMR支援向けのFAQとして公開することが可能となり、MRは外出先でもスマートデバイス等を利用して情報検索することができます。

FastHelp Pe導入/連携イメージ

くすり相談室 FastHelp Pe は顧客DB、コンタクトDB、各種マスタDBを持っています。お客様とは、電話、メール、FAXでやりとりし、質問受け付け、回答をします。MRとは電話、メールでやり取りする他、相談室のノウハウをMR支援FAQとしてFastAnswerに展開し、MRはFastAnswerにアクセスし情報を得ることが出来ます。

導入事例

株式会社ツムラ様

FastHelp Peを活用してMRとの連携を強化。
CTIシステムとの連携で東西窓口の一元化も実現。
株式会社ツムラのお客様相談窓口は東西に拠点を持ち、コミュニケータ当たり日均30件の相談・問い合わせをほぼ窓口のみで処理。顧客からの相談に、滞りなく、効率的に対応すべく、FastHelp Pe+CTIを活用した迅速な東西連携・MR連携を実現している。顧客満足度を向上させるための、運用方法と東西窓口コントロールについて紹介する。

大正富山医薬品株式会社様

大正製薬グループの医療用医薬品販売会社「大正富山医薬品株式会社」の「お客様相談室」では、本社で受ける外部問い合わせのみならず、各拠点で受ける営業や外部からの問い合わせも一元管理する体制を構築。その情報を日次で分析し社内に顧客の声、MRの声をフィードバックする仕組みを実現した。
FastHelp Pe拡大により実現した、問い合わせ情報の一元化と共有のスピード化の実例を紹介。

旭化成ファーマ株式会社様

増え続ける問合せに対応するため旭化成ファーマでは、製薬業界くすり相談室向けCRMシステム「FastHelp Pe」と外部システムとの連携を強化し、コールセンター業務の効率化と情報共有環境の整備を進めている。
情報共有環境と業務レベルの向上を目指し、製薬業界くすり相談室向けCRMシステムと外部システムとの連携を強化の実例を紹介。

FastHelp Pe(くすり相談室・MR支援)の価格とお問い合わせ先

FastHelp Pe(くすり相談室・MR支援)の価格については下記の問い合わせ先まで直接お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

テクマトリックス株式会社 CRMソリューション営業部 (平日10:00~18:00)

03-4405-7836

メールでのお問い合わせ

crm@techmatrix.co.jp

Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ