株式会社BEDORE

サイトを見る

2016年10月に株式会社PKSHA Technologyの子会社として設立。「言葉がわかるソフトウェアを形にする」をビジョンに掲げ、
自然言語処理技術や機械学習技術を用いた各種言語解析ソリューションを提供。
特に対話エンジン「BEDORE Conversation」は、ユーザの質問を正しく理解できる高い日本語認識能力や、
高い運用性のダッシュボードが評価され、大手企業を中心に導入実績多数。